高品質なライブラリの活用

Quixel Megascansは3Dスキャンから作成されたライブラリで、高品質な物理ベースのマテリアルと3Dモデルが多数登録されています。その品質の高さはMegascansを活用して制作されたというショートフィルム「Rebirth」を見れば一目瞭然です。

そして2019年、Quixel社がEpic Games社に傘下となったことで、膨大な数のアセットがUnreal Engineでの使用において無料になりました。これは活用しない手はありません。今回はこのMegascansを手軽に活用するための方法を紹介します。

BrideとUE4プラグインの組み合わせ

Megascansに登録されている素材数は膨大で、かつ一つ一つのファイルサイズも巨大です。そのためマーケットプレイスで入手できるMegascanアセットですと、ダウンロードだけでも時間がかかり、素材探しも大変です。ここではQuixel社が提供しているツール「Bridge」とUE4プラグインを組み合わせた方法を紹介します。

1.Bridgeのインストール

まず「Bridge」を下記URLから入手します。これはMegascansのライブラリを様々な方法で検索しダウンロードできるツールで、ダウンロードしたアセットは目的に合わせて様々なツールやフォーマットでエクスポートすることができます。

https://quixel.com/bridge

起動するとログインを求められるので、「SIGN IN WITH EPICS」をクリックししてログインします。

2.アセットをダウンロード

Bridgeを起動し、ダウンロードするフォルダやDCC/Engineを設定したら、素材をブラウズして必要なアセットをダウンロードしましょう。この際、Download Settingのタブから、テクスチャーや3Dメッシュの解像度を指定することができます。Material PresetもUnreal 4を選択しておきましょう。

3.エクスポート設定

ダウンロードしたアセットをUE4にエクスポートしていきましょう。まずEXPORT SETTINGからテクスチャーとメッシュの設定を行います。

  1. テクスチャーのピクセル数
  2. テクスチャーの画像フォーマット
  3. メッシュのフォーマット
  4. メッシュのLOD(Level of detail)
4.UE4へのMegascansプラグインのインストール

次にUnreal EngineにMegascanプラグインをインストールします。インストール方法はマーケットプレイスではなく、このBridgeから直接行います。

  1. Export toでUnreal Engineを選ぶと「Download Plugin」というリンクが出てくるのでクリック。または自動的にダウンロードされます。
  2. Unreal Engineのバージョンを選択
  3. プラグインをインストールする場所を指定。
    (例) 4.24ならC:\Program Files\Epic Games\UE_4.24\Engine\Plugins
  4. アセットをエクスポートするプロジェクトの場所を指定

 

ちなみに、Step.5の手順を完了させていないと、このままエクスポートを押してもエラーになります。

5.プロジェクトのオープンとプラグインの有効化

Megascansプラグインがインストールされた状態で、Unreal Engineのプロジェクトを開き、「設定>プラグイン」からMegascansプラグインを有効化して再起動します。

プラグインが有効化されるとツールバーの中央にMegascansのアイコンが表示されるはずです。実際にエクスポートを完了させるために、プロジェクトはこのまま開いておいてください。

6.エクスポート

Unreal Engineにて使用したいプロジェクトを開いている状態で、なおかつそのプロジェクトがExport SettingのProject Locationで指定されてあれば、エクスポートすることが可能になります。Bridgeに戻って、エクスポートを押してみてください。

BridgeとUnreal Engineが連動してファイルを転送し、しばらくするとUnreal Engineのコンテンツブラウザに、「インポートに成功しました」という表示とともにMegascansのアセットが出現するはずです。

BrideとMegascansプラグインの連携は、素材の探しやすさやインポートの手軽さなどから、非常にオススメの手法だと思います。クオリティも申し分なく、本格的な映像制作にも対応できるはずです。

メニュー