Random Pickup

未来派図画工作のすすめ/自由ノート

人知れず忘れる

自分一人でいるときの記憶は、たぶん自分しか覚えていない。

通勤途中に野良猫と目が合ったこと。風邪で寝込んだときに考えたこと。飛行機雲をぐうぜん見つけたこと。私たちは、そんな自分だけの思い出を、人知れず忘れていく。

人それぞれ感じ方も考え方も違う。だから、全く同じ記憶を、他人と共有することは不可能である。そもそも同じ時間に、同じ目で、同じものを見ることはできない。そう考えると、人間は徹底的に孤独な生き物なのだ。

あらゆるコミュニケーションというのは、その孤独さを少しでも緩和するためのものなのかもしれない。 強烈な思い出であれば、そう簡単に忘れない。

旅。祭。いろいろなイベント。

記憶が流れていかないように、定期的に、ことあるごとに。いつもと違ったことをする。 人と同じは嫌だと強く思う一方で、人と一緒でありたいという強烈な気持ち。社会はその2つの気持ちを成立させるための大きな装置なんだと、最近思うのです。

Photo by Siora Photography on Unsplash

前の投稿
最初の気持ち
次の投稿
メニュー