11年ぶりの旅

2019年10月22日。macOS Catalinaに対応した「二十世紀ボヤージ 3.0.0」を公開しました。なんと自分でも驚きの11年ぶりアップデートとなりました。

この11年の間に、アプリバージョンやAppleTVバージョンをリリースはしてはいたのですが、macOS用のスクリーンセーバとしては本当に久しぶりの開発となりました。これだけ月日が経つと、生活も変化していくので、こうした自主制作に費やせる時間も限られてくるものです。

現に今回バージョンも、なんとか毎日15分ぐらいを捻出して地道に開発を進めました。でも、こうして飽きずに開発を続けられるのは、やはりテーマに興味があるからで、自分自身が純粋に面白いし、見てみたいと思っているからなんだとも思います。まあ、いつまでも同じことをやっているのは成長がないとも言えますが..。

最新バージョンはThree.jsとSwiftという開発環境。おそらく当分通用するプラットフォームになると思います。二十世紀というテーマに出会えたことに感謝しつつ、これからももうちょっと旅を続けていきたいと思います。

 

メニュー