Random Pickup

未来派図画工作のすすめ/自由ノート

空を飛ぶ値段
旅行する費用が安くなったら、世界は変わるかもしれない 20世紀ボヤージのアンケート

20世紀ボヤージのアンケートの中にいくつかこのような言葉がありました。一度でも行ったことのある街には親しみがありますし、住んでいたことのある場所はかなり思い入れがあるものです。私自身もニューヨークへ行った事がなければ、世界貿易センタービルの崩壊にはそれほど関心がなかったかもしれません。

しかし世界中の航空会社はテロ直後から、厳しい経営状態が続き、大幅赤字と大幅リストラを余儀なくされています。アメリカン航空は2001年の18億ドル(約2,000億円)の赤字。ベルギー航空とスイス航空が姿を消しました。

イラク戦争の費用は900億ドルという試算もあるらしいのですが、この途方もない金額はアメリカン航空の2001年の売り上げの4倍以上。平和の為の巨額な防衛費。これを少しでも航空運賃の負担へまわしたら、皆もっと気楽に外国へ行き来できるようになります。そしてそれこそ本当に平和の為にお金を使うということなのではないか。

子供じみた発想かもしれないけれど・・、壁を作るよりは効果的だと思う。

Photo by William Hook on Unsplash

前の投稿
Bonjour !
次の投稿
区切らない
メニュー