Random Pickup

未来派図画工作のすすめ/自由ノート

Bonjour !

「Bonjour !」から始まるフランス人からのメール。遠い国からの感想に素直に喜ぶ。そして、こんなときコンピューターはコミュニケーションの為に発明されたのではないかと思うときがあります。 記憶したり計算したり予測したり。コンピューターは人間の脳の能力を肩代わりしたり、拡張してきました。それは生活を便利にして豊かにしていくため効率化。道具のもっとも高度な利用であることは間違いないでしょう。

いまやコンピューターが無い社会は想像できません。 しかしアラン・ケイが「コンピュータはコミュニケーション増幅装置である」といったように、コンピューターの本当の目的はコミュニケーションの為なのかもしれません。生活を便利にして、豊かにしていく。 これは言い換えれば争いをなくし、皆が公平に幸せに生きられる事です。その為にもっとも重要なのは、計算でも記憶でも無く、対話だと思うのです。

100年後につくられる年表を見て、人類は世界中の人々が対話できるようにコンピューターを発明した。と記されるなんて想像すると、コンピューター社会も捨てたもんじゃない気がしてくるのです。

Photo by Nil Castellví on Unsplash

前の投稿
まぼろしの市街戦
次の投稿
空を飛ぶ値段
メニュー