異端児の城
青谷明日香

直線的に育つ樹木がないように、僕らはどこかいびつです。鏡を見ればそこには自分という異端児が、でも、周りを見渡しても実は異端児ばかりなんですよね。だから、こうあるべきという形を捨てて、多様な歪んだ形を受け入れ合う、というのが豊かな生き方なんだろうな、と思うのです。

http://aoyaasuka.com/itanjinoshiro.html
メニュー