平成
折坂悠太

坂の上の雲を追い求めた昭和から、坂を下った先の平成へ。テレビの向こうから聞こえてくる戦火に、本当にこんな生き方で良いのか?と問いながら駆け抜けるフラットな毎日。

多国籍な音楽性と、独創的な歌詞の世界。音楽的な豊かさを感じると同時に、平成という時代を、鮮やかに音楽化した才能に圧倒されるばかりです。

http://orisakayuta.jp/heisei/
メニュー