Random Pickup

未来派図画工作のすすめ/自由ノート

会話から生まれるもの
あふれだす言葉が
止まらない雨のように紙コップに降り注ぎ
すべるように通りすぎて
消えてゆく 宇宙をこえて
「Across The Universe」Beatles

会話では言葉という言語情報に加えて、表情やジェスチャー、その場の雰囲気などの非言語情報がやり取りされる。ちょっとした目の動き、ため息、笑い、話し方・・。

この非言語情報はなかなかデータに出来ない。出来たとしても複雑で膨大なデータ量になるはず。 その言語+非言語情報を脳がフルパワーで瞬時に解析して、反射的に次の言葉が出てくる。

考えてから話すということはない。考えながら話す。話しながら考える。そして次々と話が展開していく。

先日、とても楽しい会話(のちにみんなの会と命名されました)に参加できた。仕事でも日常生活でもなく、好奇心をテーマに会話をするという機会は以外と少ない。それは「どんな仕事をしている」とか「どんな物を買った」とか、そういった日々の会話ではなくて、「こんなに世界は面白い」というものだった。

科学・数学・宗教・動物・認識・文学・デザイン・・ジャンルの異なる5人の会話は、色々な方向に広がって流れていく。

それにしても、インターネットや携帯電話といったツールがこれだけ普及したのに、「会って話す」のが最も効果的なコミュニケーションなのは皮肉な事。もしかすると人間は、それを再確認するために色々なツールを作り出しているのかもしれませんね。

前の投稿
小さなもの
次の投稿
最初の気持ち
メニュー