本の一回性

読書の魅力は、著者の思考プロセスを追体験する事なんだと思う。それは著者が費やした時間をぎゅっと凝縮したものを、時空を超えて紐解く事でもある。そう考えると、そうした追体験の方法はあまり手軽でない方が良いのかもしれないと思う。

紙の本と電子書籍の違いは2点。情報と物質が一体化しているかどうか、もう一つは情報を検索できるかどうか。紙の本はもちろん検索できない。お気に入りのページに再び訪れるためには、付箋を使うか、ページの端を折っておくしかありません。電子書籍に比べれば不便としか言いようがありません。

しかし最近、紙の本の最大の利点は、容易に検索できないという事なのではないかと思うのです。情報との一回性をはらんだ出会い。一行一行との、静かな一期一会。そうした特徴が、情報の質をがらっと変化させているような気がしてならないのです。

メニュー