Random Pickup

未来派図画工作のすすめ/自由ノート

全てを見ている

私たちは無意識に、必要な情報だけを選択してインプットしている。膨大な情報の中から、重要な事だけに焦点を当てて、効率よく処理している。写真はその無視した情報も全て記録する。だから実際に見た印象と違う。本物よりも多くを物語るかもしれないし、逆に本物には到底かなわない事もある。

写真のプロたちはその焦点を強調して、私たちに新しい視点を見せてくれているのではないか。 そして、写真を見て驚くのは、これほど膨大な情報を一気に見ているという事実である。たとえばビルの屋上から街を眺めてみる。一体どれだけの情報が見えているのか。写真を撮ってみればわかる。小さな人影、無数の看板、ビルの窓越しに見えるオフィス・・・。

これを正確に文章で説明しようとしたら、それはもう膨大。 同じ事は自然の中でも言える。たとえば森の中の風景。幾重にも重なる落ち葉、無数の枝、小鳥たち、揺れる木漏れ日・・・。夜空はどうだろう。大きく見える月、輝く金星、何万光年も離れた数えきれないほどの星たち。

想像もできないほど巨大な空間。そして空間の中に無限に存在する情報。 脳は無視しているのかもしれない。でもその無限の情報を私たちは一気に視覚で捉えている。無限に広がる世界の情報が、光としてあなたの目に一斉に飛び込んでいる。

梶井照陰写真集NAMI

佐渡島の波を撮り続ける真言宗の僧侶。彼の作品に映っているのは私の知っている波ではなく、無限の表情を持った波。写真だからこそできる表現に圧倒されます。

前の投稿
たべるつくる
次の投稿
好奇心と産業
メニュー